ボディメイク

パーソナルジムのタイプ別を知って上手に活用する方法

・ジムに行ってもダイエット上手くいかない
・トレーナー付のパーソナルジムを探しているけど、どこも似たり寄ったりで決められない

このような悩みを解決するために、今回はパーソナルジムをタイプ別に解説していきます。

どうも、神楽坂・早稲田の貸切りパーソナルジム GAIN 代表で絶対ダイエット請負人の上地裕作です。

上地 裕作

  • 神楽坂 江戸川橋パーソナルジムGAIN 代表
  • JBBF 2018関東メンズフィジーク選手権 準優勝
  • ベストボディ・ジャパン2017東京オープン大会 ミドルクラス グランプリ受賞
  • 得意分野 ボディメイク、ダイエット

パーソナルジムを利用したいと考えたとき、ネックとなるのは一般的なフィットネスジムよりも高額であることですよね。ここ数年でのフィットネスブームから、日本国内でも多くのパーソナルジムがオープンしました。

ライバル店としのぎを削り価格競争が起こり、パーソナルトレーニングのセッション料金は大きく下がりました。 それでも気軽に通える価格ではないため、ジム選びや体験セッションの申し込みには慎重になりたいところです。

とはいえ、普段からトレーニングをしているわけでないので、サイトや広告に書かれていることを見ても何を基準に選べばいいかというポイントは知っておく必要があります。

そこで今回はトレーナー付きのジムの選び方のポイントをタイプ別でご紹介します。
トレーナー付きのジムを検討している方にとって有益な情報となっていますので、是非最後まで見てください。

フィットネス


ページコンテンツ

パーソナルジムには種類がある

パーソナルトレーニングを受けられるジムを選ぶにあたり、まずパーソナルトレーナーによるトレーニングが受けられるジムに3つの種類があることをご認識ください。

1.フィットネスジム内のパーソナルトレーニング
2.複数人が1フロアでセッションを行うパーソナルジム
3.完全に貸切、マンツーマンで行うパーソナルジム


現在『パーソナルジム』と呼ばれるジムについて、タイプ別の特徴とメリット・デメリットについてそれぞれ解説します。


フィットネスジム内のパーソナルトレーニング

フィットネスジムというのは、広い敷地内で大勢の会員さんが自由に行き来しながら自分で筋トレをする施設のことを指します。

基本サービスとしてフィットネスジムにある機材やシャワーなどを使わせてもらう施設利用料が会費となることから、大体相場は 5,000〜12,000円と幅があります。

機材の種類や敷地の広さ、サービスの違いは多少あれど、基本サービスはどこのジムでも同じと考えて大丈夫です。

通常は、利用者が利用したい機材を利用するフィットネスジムですが、オプションでパーソナルトレーナーを活用できるサービスが用意されているケースがあります。

フィットネスジム内のパーソナルトレーニングの特徴

フィットネスジムで利用できるパーソナルトレーニングとは、通常の施設利用料にパーソナルトレーナーからのセッションが受けられるオプションを付けることでパーソナルトレーニングを受けることができます。

有名所を挙げておくとすれば、以下のジムが全国展開もしていて通いやすいかと思います。

ゴールドジム GOLD’S GYM

ゴールドジムとは What is Gold’s Gym? ゴールドジムとは ゴールドジムは初心者からアスリートまで、全ての人々が結果を出せるようあらゆることについて考え抜かれたフィットネスクラブです。 結果を出すためには、定期的にトレーニングを続けることが何より大切。そのためには、通いやすい場所と時間設定、シンプルで使いやすいロッカーやサウナ&シャワー。さらに、体型や性別、そして経験等を考慮した様々な種類のトレーニングマシン、様々な疑問に答えてくれる経験豊かなトレーナー陣が必要、とゴールドジムは考えます。 https://www.goldsgym.jp/about-us


ANYTIME FITTNESS

いつでも、どこでも、オトクに、好きなだけ。あなたの欲しかったフィットネスジム!「ほら、辞める理由がないでしょう?」 https://www.anytimefitness.co.jp/about/


ルネサンス

初めてでも安⼼スタートスタッフが心からおもてなしおもてなし規格認証(紺認証)を取得。お客様へ、よりきめ細やかな応対に努めてまいります。 https://www.s-re.jp/


フィットネスジム内のパーソナルトレーニングのメリット

フィットネスジムでパーソナルトレーニングを受けるメリットは次の3つがあります。

・他のパーソナルジムに比べて若干ではあるが安い
・自主練とパーソナルを同一の場所で行える
・比較的多くの機材を使ってトレーニングができる

フィットネスジム内のパーソナルトレーニングのデメリット

フィットネスジムでパーソナルトレーニングを受けるデメリットは次の3つが考えられます。

・他の会員がいるそばでレッスンを受けるため、環境としてはイマイチ
・パーソナルがマニュアル化されているところが多く、その人に合った最適なトレーニングを提案できるか疑問
・トレーナー自身の身体が出来上がっていないことも少なくない


複数人が1フロアでセッションを行うパーソナルジム

パーソナルトレーニングが受けられるジムのうちパーソナル専門にも2タイプあります。そのうちの一つが1フロアで複数組でセッションを行うタイプのパーソナルジムです。

複数人が1フロアでセッションを行うパーソナルジムの特徴

パーソナルトレーニングジムといえば、後述する貸切のパーソナルジムをイメージするかもしれませんが、こちらで紹介するように1フロアを複数の組でセッションを行う形態のジムもあります。

フィットネスジムと完全個室のパーソナルジムの中間に当たる立ち位置なのが特徴です。フィットネスタイプのパーソナルよりも個々の身体能力に応じてしっかりとメニューを作ってくれるイメージがあります。

複数人が1フロアでセッションを行うパーソナルジムの有名どころといえば、BEYONDがあります。


BEYOND(ビヨンド)

確かな実績を持つ、選りすぐりのトレーナーのみが在籍しています。 トレーナーは全員コンテスト優勝者またはファイナリスト経験者でどこよりも本格的な徹底指導を行います。 https://beyond-gym.com/

BEYOND公式サイト
【6月度限定!無料体験キャンペーン実施中!】トレーナーの質にこだわるならBEYOND(ビヨンド)へ。
“採用倍率50倍”から厳選されたトレーナーが貴方の人生を変えるお手伝いをいたします。
東京23区を中心に麻布十番,新宿,恵比寿など全国30店舗以上を展開!痩せるのは、当たり前。
麻布十番・恵比寿・代官山・新宿 パーソナルトレーニングジム|BEYOND

こちらについては実績もあり、パーソナルトレーナーのレベルも群を抜いて高いと思います。

東京都内だけでも17店舗まで展開しているので、この手のパーソナルジムでは間違いなく大手の部類に入るでしょう。 私が唯一すごいなと思うパーソナルジムです。

複数人が1フロアでセッションを行うパーソナルジムのメリット

複数人が1フロアでセッションを行うパーソナルジムのメリットは次の2つです。

・パーソナルトレーニングの専門、いわばプロの指導をしっかりと受けられる
・フィットネスジムのような巨大資本ではないため、スタッフをしっかりと厳選している

複数人が1フロアでセッションを行うパーソナルジムのデメリット

一方で、複数人でセッションを行うパーソナルジムのデメリットも2つ挙げられます。

・1フロアに数人の会員とトレーナーが混在しているため、集中できない人は集中できない
・完全貸切と違い、トレーナーを独占できない

完全に貸切、マンツーマンで行うパーソナルジム

3つ目のタイプとしては、パーソナル専門としても2つ目のタイプとなる完全貸切、マンツーマンでセッションを行うパーソナルジムがあります。

マンションの1室をジムとして使うなど、小規模かつ個人に集中して指導を行うタイプです。もちろんマンションの1室に限らず、建物の1フロアを使うジムや1フロアを丸ごと打ち抜きで1つのトレーニングルームにするジムもあります。

完全貸切、マンツーマンで行うパーソナルジムの特徴

完全に貸切とは、会員さんが予約をした時間はトレーナーと会員さん以外の立ち入りが一切ないジムのことを指します。つまり、トレーナーを独り占めするだけでなく、ジムの空間そのものも独り占めすることができる贅沢しようとパーソナルトレーニングです。

神楽坂パーソナルジムGAINはこのタイプに分類されます。

完全に貸切、マンツーマンで行うパーソナルジムのメリット

完全に貸切、マンツーマンで行うパーソナルジムのメリットは次の4つがあります。

・完全に個室、または1フロアでマンツーマンでセッションを行うため、トレーニング環境が別格
・他のタイプのジムでは聞きづらいことも躊躇なく質問できる
・プライバシーが完全に守られる
・経験豊富なプロトレーナーが在籍している可能性が高い

完全に貸切、マンツーマンで行うパーソナルジムのデメリット

一方で、デメリットについては、次の2つがあげられます。

・フィットネス内のパーソナルに比べ、やや高額
・トレーナーが苦手だった場合にジムそのものを変えなければいけない

パーソナルジムタイプ別の特徴まとめ

それぞれのトレーナー付ジムのメリット・デメリットを解説しました。
これらをまとめると以下のようになります。

フィットネスジム内のパーソナルセッション

・他のパーソナルジムに比べて若干ではあるが安い
・自主練とパーソナルを同一の場所で行える
・比較的多くの機材を使ってトレーニングができる
・他の会員がいるそばでレッスンを受けるため、環境としてはイマイチ
・パーソナルがマニュアル化されているところが多く、その人に合った最適なトレーニングを提案できるか疑問
・トレーナー自身の身体が出来上がっていないことも少なくない


複数人が1フロアでセッションを行うパーソナルジム

・パーソナルトレーニングの専門、いわばプロの指導をしっかりと受けられる
・フィットネスジムのような巨大資本ではないため、スタッフをしっかりと厳選している
・1フロアに数人の会員とトレーナーが混在しているため、集中できない人は集中できない
・フィットネス内のパーソナルに比べ、やや高額


完全に貸切、マンツーマンで行うパーソナルジム

・完全に個室、または1フロアでマンツーマンでセッションを行うため、トレーニング環境が別格
・他のタイプのジムでは聞きづらいことも躊躇なく質問できる
・プライバシーが完全に守られる・フィットネス内のパーソナルに比べ、やや高額


ジム選びのポイント

パーソナルトレーニングが受けられるジムのタイプ別での違いを解説しました。店舗を選ぶ前に、自分の利用する目的や、利用方法に応じてまずはどのタイプがいいかを決めることで、ジム選びは一歩前に進みます。

次にそれぞれのタイプの特徴がわかれば、同じタイプの中でどのジムが自分にとっての最適解になるのかを見極めることになります。

ここでは、それらのポイント部分を紹介していきます。

それぞれの価格帯を比較してみる

料金の設定はジムによってまちまちです。ジムの規模や環境、トレーナーの有名・無名などでも料金は全然違ってきます。

そこで、各タイプ別での1時間換算した利用料金を表にしました。パーソナルトレーニングのタイプ別で比較すると次のようになります。

セッションのタイプ料金環境
フィットネスジム内のパーソナル7,000~10,000円程度
複数人が1フロアでセッション8,000~15,000円程度
完全に貸切、マンツーマン8,000~15,000円程度

金額についてはあくまでも平均値です。

料金的にはフィットネスジム内でのパーソナルセッションが最も安いです。 しかし下限値に関していえば他のパーソナル専門ジムと大差はありません。もちろんパーソナル専門ジムもピンキリではありますが、最も多いのが1時間あたり10,000〜12,000円の価格帯です。

これとは別に、パーソナル専門ジムのほとんどが入会金を設定しており、概ね20,000〜30,000円のところが多い印象です。

ホームページにパーソナルジム内の写真があるかチェック

現在パーソナルジムは、都内だけでも乱立状態になっています。フィットネスブームからジムは儲かるという考えでパーソナルトレーナーの独立だけではなく、大手企業、まったく業界に関わったことのない素人でも、誰もが開業できてしまうからです。

パーソナルジムを開業するにあたっては、特に何か資格が必要になるわけではありません。そのため、経験のない素人や、数年トレーナーをかじったような方でもどんどん開業するのです。

結果、ターゲットを絞ったトレーニングといったように、機材も絞ったパーソナルトレーニングと宣伝するケースもあったりしますが、やはり最低限パワーラック、ラットプルダウン、ケーブルクロスオーバーはあってほしいですね。

パーソナルトレーナーと言えども、機材がなくては適切なセッションを行うことは困難です。価格帯や技術に見合っていれば良いのですが、ホームページに機材のことを書いていないようなジム、それらの写真が掲載されていないようなジムを検討している場合は、他のジムのホームページにも着目してから決めるべきでしょう。

トレーナーの質はどうなのかチェック

何の経験も実績もない人がパーソナルジムをオープンできる時代です。
まずはそのトレーナーが本当にプロと呼べるのかを吟味しましょう。

・トレーナーの経歴、経験年数
・トレーナー自身の身体つき
・HPに顔出ししているか


トレーナーの経歴、経験年数をチェック

パーソナルジムの良し悪しはトレーナーのスペックで80%決まると断言します。 なぜかと言えば、ボディメイクを指南する上でトレーナーにその経験がなければ本末転倒だからです。 したがって、トレーナー歴や大会出場経験があるかどうかはパーソナルジム選びにおいて一つの指標になるでしょう。

特に入賞経験者であれば、大会を目指したい場合のアドバイスを受けることも可能です。大会当日のステージ直前でのパンプ方法なども実績があってアドバイスできること。素人トレーナーの場合、このようなアドバイスは到底望めません。

トレーナー歴が長いということは、トレーナーとして需要があったから続けてこれたとも考えることができますね。また、多くの指導実績の中で、トレーニーやダイエッターが持つ悩みについても多く触れてきていることからも、よりそれらの悩みに寄り添うことができるのもトレーナーの強みになります。


トレーナー自身の身体つきをチェック

トレーナーの身体つきは、ボディメイクのノウハウを持っているかを判断する指標になります。机上の理論で勉強してきたことでトレーナーとして活動しようとしているケースであれば、トレーナーらしからぬ身体つきをしているかもしれません。

またプロボクサーがトレーナーをしているような場合は、減量などである意味ガリガリに絞っているかもしれませんが、筋肉についてはトレーニングされていますので、ただ単にガリガリというわけではないので、プロとしてのアドバイスは受けらえるなと思うことが可能です。

個々人によってなりたい身体つきは違えど、大体の方が『カッコよくなりたい』『スリムでセクシーになりたい』と願うはずですので、 トレーナーがガリガリだったり、ぽっちゃりしていては説得力がありませんね。

したがって、トレーナー自身の身体や大会出場経験があるかどうかはパーソナルジム選びにおいて一つの指標になるでしょう。


HPに顔出ししているかチェック

ホームページにトレーナーが出ていない場合、これは商品であるサービスの写真を載せていないのと同じですね。 自店のサービスに自信があれば、間違いなく顔出しはしています。 時折トレーナーが誰なのかわからないホームページがありますが、そのようなジムは敬遠した方が無難でしょう。


パーソナルジムを選ぶ際のポイントまとめ

これらを全て勘案し、私が最もボディメイクを行う上で適した方法として以下3つ上げることができます。

1.経済的に余裕がある方 ・普段はフィットネスジムで自主練をしつつ、週1回程度パーソナル専門ジムでプロから教わるスタイル
2.経済的余裕のない方 ・普段はフィットネスジムで自主練をしつつ、月1回程度パーソナル専門ジムでプロから教わるスタイル
3.他人の視線が気になる方 ・貸切パーソナルジムで週2回以上のセッションを受けるスタイル

いかがだったでしょうか。トレーナー付きのジムは確かに安くはありませんが、ジムによっては月1回からでもOKというジムはあります。

プロに教わるメリットは確実にありますので、一度パーソナルジムを検討してみてくださいね。

新宿区神楽坂貸切パーソナルジムGAINにお任せください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP